千葉にある日本伝統技術や農業を学ぶフォークスクール

メンマ作りコース

ラーメンのトッピングに欠かせない「メンマ」

どのように作られているか、ご存じですか?

 

このコースでは会場周辺の竹を採り、メンマを手作りするまでを学びます。

 

4月27日(土)は、会場周辺の山で孟宗竹を採りに行きます。

このコースで利用する竹は「孟宗竹」です。肉厚でジューシーなメンマに仕上がります。

メンマ用の竹は、180cm 程成長した竹の子が適しており、収穫するにはノコギリを使用し(通常の竹の子はクワやスコップで掘ります)、運搬するにも特別な方法で作業を行います。

一本の竹の子から取れる可食部分が少ないため、かなりの本数の竹が必要となり、竹採りの作業だけで一日を費やします。

27日(土)は自由参加です。竹採りへの参加もご希望の方は、事前にお申し付けください。(追加講習料はかかりません)

材料となる竹が実際の山から採られて、メンマへ加工されるすべての工程を体験されたい方は、是非この日もお越しください。

 

4月28日(日)はメンマの調理を行います。

昔ながらの日本家屋で、レンガ造りの竈を使ってメンマの調理と自分たちの昼食も炊事をします。

せいろで蒸して塩漬けにしたメンマは、容器に入れてお持ち帰りいただき、ご自宅で2週間ほど発酵させてください。

その後のメンマへの味付けについてもお伝えいたします。

昼食には、色々なメンマをご用意しておりますので、みんなでたくさん食べましょう。

KAMO FOLK SCHOOL のメンマ作りの特徴

  • 田舎暮らしと竹林整備の繋がりを学ぶ
  • 会場周辺の地の竹を採って利用する
  • 昔ながらの調理法:竈(かまど)を使用する

 

KAMO FOLK SCHOOL でメンマ作りをする理由

 

 

講師

竹採り担当

里山よくし隊 隊長:鈴木さん

調理担当

岩本さん

 

 

日時

4月28日(日)
10:30~15:00

会場

KAMO FOLK SCHOOL
市原市古敷谷1337

受講費

6,600円
受講料に含まれるもの
・講習料
・材料費
・テキスト代
・昼食代

持ち物

・エプロン
・汚れても良い服装&靴
・筆記用具(メモと取る場合)

タイムスケジュール

10:15 集合・受付
10:30 竹やメンマ、調理の流れについて説明
10:45 メンマ調理開始
12:00 昼食
13:00 調理再開
14:30 片付け
15:00 終了

担当講師

竹採り担当:里山よくし隊 隊長:鈴木さん
メンマ調理担当:岩本さん